株式会社ジャパンブルー

NEWS最新情報

【release】経済産業省のプロジェクト『The Wonder 500(TM)』に株式会社ジャパンブルーの『桃太郎ジーンズ』が選定!

プレス / 2015.08.27

株式会社ジャパンブルー(本社:岡山県倉敷市 代表取締役社長:眞鍋寿男)が企画・製造・販売しているオリジナルジーンズ『桃太郎ジーンズ』が、経済産業省の『The wonder 500(TM)』~日本が世界へ誇るべき優れた地方産品を選定し、世界へ広く伝えていくプロジェクト~に選定されたことをご報告致します。

『桃太郎ジーンズ』は、2006年ブランド立ち上げ当初からジーンズ産業集積地である地元児島での生産にこだわり、自社で製織したオリジナルデニム生地のクオリティを最大限に生かした、「着用感」「穿き心地」を重視したジーンズブランドです。
「10年保証」に代表されるアフターメンテナンスサービスも充実しており、多くのユーザーからの支持を集めています。

【The Wonder 500(TM)とは】
日本各地には、海外需要獲得の可能性を持つ「ふるさと名物(ものづくり・食・観光体験)があるものの、「ふるさと名物」単独で海外における販路ネットワークやPRのノウハウを得るには様々なハードルがあります。今回、経済産業省補助事業として、全国から海外需要を獲得しうる全国各地の魅力的なものづくり・食・観光体験を発掘し、将来的な海外販路開拓に向けて国内ネットワークの拡大や海外PR・マーケティングを支援することで、地域や中小事業者等の活性化を図ります。
「The Wonder 500(TM)(ザ・ワンダー・ファイブハンドレッド)」は、こうした取組を通して、クールジャパンによる地域活性化を推進するプロジェクトです。
『The Wonder 500(TM)』についての詳細は下記【関連リンク】よりご確認下さい。

【桃太郎ジーンズ プロフィール】
2006年、国産デニムの発祥地である地元児島で産地ブランドとしてスタート。
海外生産や加工貿易が全盛だった当時から頑ななまでに地元児島での生産に拘り、“メイド イン ジャパン”の付加価値を盛り込んだジーンズ
を提案。自社でデニム生地を製織し、ジーンズの縫製も手掛けているので、素材から製品までの一貫生産が行える事が強みである。
出陣、銅丹、VINTAGE、レディースという複数のレーベルから構成されており、ジーンズを中心としてトップスやカットソー、帽子やカバン、洗剤等の小物も含めたトータルアイテムの展開をしています。
2008年から海外販売を開始。ヨーロッパやアジア、アメリカを始め世界26ヵ国に拡大しています。
2015年5月現在で国内約180店舗、海外約50店舗の取扱店があります。
直営店舖は岡山2店舗、東京2店舗、オンラインショップ1店舗を展開。

【株式会社ジャパンブルー プロフィール】
株式会社ジャパンブルーは、1992年、デニム生地企画製造からスタートした株式会社コレクトと、1996年、特殊デニム部門を分社化し誕生した有限会社藍布屋との経営統合により、2014年11月1日付で発足した新設法人です。当社は岡山県倉敷市に古くから根付く繊維産業によって育まれた土壌を強みに、綿花を輸入、糸から紡ぎ、染色の奥深い加工に表現されるテキスタイルデザインを製品化し、欧米のハイラグジュアリーブランドへの商品供給も行っています。生地企画製造で培った技術、そして海外から持ち込まれた情報によって2006年に「桃太郎ジーンズ」を発表。国産プレミアムジーンズにこだわり付加価値を追求した「桃太郎ジーンズ」の海外展開では、パリ、ミラノ、ベルリン、ロンドン、ニューヨークなど、欧米の主要都市をはじめとする国際販路を確立しています。

<本件に関する問い合わせ先>
株式会社ジャパンブルー
担当:木村(広報室)
TEL:086-470-5056 FAX:086-470-5288
kimura@japanblue.co.jp

関連リンク